不審者が訪れるかもしれない

お客さんを守るために必要

お店は、常に監視カメラを使って店内に怪しい人物がいないかチェックしています。
不審人物をすばやく見つけることで、他のお客さんの身の安全を守れます。
そんなところでも、新亜光学工業の力が役立っています。
いち早く不審者に気づいて、他のお客さんを遠ざければ被害が大きくなることを避けられます。

そのためには性能の良い監視カメラが必要です。
ですから多くのお店では、新亜光学工業の作った部品が使われている監視カメラを選択しています。
トラブルが起こって、お客さんが被害に遭ったら大変です。
トラブルを未然に防ぐためにも監視カメラが必要なので、現在は多くのお店で導入されています。
いつも利用しているお店の天井を見ると、監視カメラの存在に気づくでしょう。

会社でも使われている

多くの会社では、顧客の機密情報を扱っています。
大事な個人情報も含まれているので、絶対に第三者に洩れないように管理しなければいけません。
そのために、監視カメラの存在が必要不可欠です。
誰もいない時を狙って、不審者が情報を盗みに訪れるかもしれません。
その時でも監視カメラの電源は、入れておきましょう。

基本的に監視カメラの電源は、24時間入れてください。
すると不審者の姿を鮮明に残せるので、逮捕に繋がります。
夜は周囲が暗いので、画質が荒くなってしまいます。
ですが新亜光学工業の作った部品を使っているなら、性能が良いので暗い夜でも綺麗な映像を記録できるでしょう。
それが不審者を特定し、逮捕することに繋がります。


シェアする

B!