新亜光学工業が支える監視カメラの最新機能

一般家庭にも普及し始めている監視カメラ

従来の監視カメラは企業やビル、駅などの特殊な場所や公共の場所に多く設置されていました。
しかし、近年の防犯への意識が高まっていることも相まって、一般家庭でも監視カメラを設置する家庭も増えています。一般家庭でも設置するためにはコストを削減しなければなりませんが、新亜光学工業では低価格でも高性能な光学レンズや部品などを提供しているため、一般家庭でも手に入れやすくなっているのも特徴です。低価格でも鮮明に映像を映し出すことができる光学レンズの開発、光を自動調節できる機能の向上を常に怠らない新亜光学工業の技術は最新の監視カメラも支えており、多くの人が知らず知らずのうちにその恩恵を受けていることになります。
監視カメラ以外にも何気なく使用しているスマートフォンのカメラにも新亜光学工業の技術が使用されていることが多く、普段の日常生活も大いに支えられていることになります。レンズ以外の部品の製造も行なっており、高性能な監視カメラに対応できるように製造技術も常に進化しているのです。

進化する監視カメラの機能をレンズで支える

近年ではAIの急速な発展により、監視カメラの機能も今後さらに向上し、多くの機能が追加されていくことが予想されます。
現段階でも事故や事件を検知して警報が鳴り警備会社に通知を送るシステムや顔認識システムがさらに高くなった監視カメラが登場しています。これにより、防犯に加え犯人逮捕や事件解決を迅速に行なうことができるようになりました。
しかし、これらの機能を活かすためには、映し出す元のレンズの品質が強く求められます。機能が高くても、レンズの品質が悪ければ遠くまではっきり映し出すことはできません。
そのため、レンズの品質はカメラの性能にも関わる重要な部分であり、高品質なレンズが必要となります。新亜光学工業では低価格でもレンズの不純物除去を徹底し、高品質なレンズを開発、製造しています。
今後も多くの機能が登場していくことになりますが、カメラの大元であるレンズは影ながらその多くの機能を支えていくことになるでしょう。


シェアする

B!