身近に多くある防犯カメラに必要なものとは?

新亜光学工業株式会社は何を扱う会社?

新亜光学工業株式会社は、カメラのレンズに使われる部品を製造、販売している企業です。どんなカメラにもレンズやシャッター、感光材料などの部品が必要で、どれかひとつが欠けてもカメラとしての機能を果たしません。

近年は店舗や公共施設など、様々な場所に監視カメラが設置されています。特にオリンピックなど国をあげてのイベント時や、国内・海外からの観光客が集まる場所には欠かせない防犯設備です。常に監視体制にあることで犯罪抑止はもとより、マナーやモラル意識を高めトラブルを回避する狙いもあります。また、最近では一般の住宅や集合住宅などでも監視カメラを付ける家庭が増えて来ています。

想定外のトラブルや犯罪に巻き込まれないため、また不幸にもトラブルに遭ってしまった場合の保身や早期解決にも重要なアイテムとなり得ます。

防犯カメラは一昔前では高額なイメージもありましたが、現在では比較的安価な製品も出て来ています。新亜光学工業株式会社の技術が、安価で高性能な品質を保つために一役買っています。

カメラに欠かせない部品とは?

どんなカメラにも光を集めて被写体を像にするレンズ、映像や画像を記録するセンサーやフィルムの他、シャッターが必要です。これらのカメラに欠かせない部品を製造、販売、また海外への輸出入をしているのが新亜光学工業株式会社です。

私たちの生活には趣味で楽しむデジカメやスマホに搭載された小さなカメラからプロ仕様のカメラまで、たくさんのカメラが存在しています。監視カメラも同様で店舗や会社、道路、倉庫など様々な場所に設置されています。監視カメラは、風景や人などを撮影するために持ち歩くことができるカメラとは違い固定して使われ、その上で目的の場所を広く撮影する必要があります。

監視カメラの設置目的や監視対象となるものは、ユーザーによって異なるため新亜光学工業株式会社では利用者のニーズに合わせ数多くの部品をシリーズ発売、また消費者のカスタム要求に沿う他、納入後もきめ細かなフォロー体勢を用意しています。


シェアする

B!