光学レンズと監視カメラの重要性

監視カメラの重要性

近年、ドライブレコーダーの映像で煽り運転や事故や犯罪が可視化され、早期解決へと導いていることが話題になっています。これにより、映像の重要性がより高まり、監視カメラのさらなるシステム強化も求められています。
一般家庭でもドライブレコーダーや監視カメラの需要は高まり、防犯対策としても大きな効果を発揮していることが特徴です。一般家庭でも設置できるような監視カメラは低価格で、尚且つしっかり映像を捉えられることが重要です。
新亜光学工業では海外との連携も行なうことで、監視カメラにも使用される多くの部品を低価格で企業に提供しています。しっかり映像を捉えられるように、低価格でも高品質な光学レンズだけでなく、鏡筒やオートアイリスなどの様々な製品を提供していることで多くの企業からも信頼を得ていることが特徴と言えるでしょう。監視カメラを簡単に設置できるような開発と製造を行ない、監視カメラを設置できるハードルを下げることで、より安全な街作りに繋がっていくのです。

光学レンズとは

監視カメラで重要なのが、はっきり映ることです。
はっきり映像を捉えるために必要となるのが光学レンズの存在です。
普通のガラスと異なり、遠くの光景もはっきり映さなければならないカメラでは、レンズには不純物が入っていないことが重要になります。100メートルの厚さでも光を通す程の純度の高いレンズが必要であり、高い技術での製造が求められます。
カメラと言えば一眼レフやビデオカメラでしたが、近年ではスマートフォンの普及により簡単に写真を撮る人も多くなりました。このスマートフォンのように小さな機材にもカメラが搭載され、小さくも高性能な光学レンズが使用されており、初心者でも綺麗な写真が撮れるようになりました。
ただし、これらの通常のカメラと異なり、監視カメラはよりはっきりと状況を捉えられることが重要です。監視カメラの性能も日々進化しており、システムに合わせてより純度の高いレンズが必要となってきました。新亜光学工業では日々向上するシステムに呼応するように、常に光学レンズやその他の部品の先を見据えた開発と製造を行なっています。


シェアする

B!