日々進化する監視カメラに合わせた部品開発

24時間稼働する監視カメラに合わせた部品

監視を行なうことで防犯や早期の事件解決、犯人逮捕にも繋がる監視カメラは、今や人々の日常になくてはならない存在です。
セキュリティ会社など多くの企業は日々変わる犯罪に対応するためにシステムの向上を図っています。新亜光学工業は様々な企業と連携し、新しいシステムにも対応できるようにレンズだけでなく様々な部品も製造しています。カメラを作る際に必要なレンズと鏡筒、シャッターユニットなどの開発を行ない、セキュリティに必要な的確に映す作業を高品質に提供してくれます。鏡筒はピントを合わせるために重要であり、光の自動調節なども的確に映すことが重要な監視カメラには、より高い品質が求められます。
また、防犯のため24時間稼働しなければならない監視カメラは、長時間稼働することを想定して部品も製造する必要があります。常に稼働している監視カメラを支えるためには一つひとつの部品の品質も強く求められます。製造側からの迅速なアフターフォローも重要となります。

常に新しく高品質な監視カメラを提供

新亜光学工業の提供する監視カメラの部品が多くの企業に支持されているのは、その高品質で種類が多いことが挙げられます。防犯が向上しても犯罪者も様々な方法でセキュリティを掻い潜ろうとしてきます。そのため、監視カメラの性能は常に先を見据え、向上し続けなければならず、新亜光学工業は進化するシステムに合わせた部品の開発を幅広く行なっています。
監視カメラには雨や風への対策や壊されることも想定し、耐久性も強く求められます。レンズや部品の品質も高いものが必要不可欠となり、設置する場所やカメラの形状に合わせたレンズや部品の提供も重要となっています。
また、常に進化する防犯システムに合わせ、監視カメラの形状も従来のものから大きく異なってきているため、様々な状況に合わせたバリエーション豊かな製品を展開することが重要となるのです。レンズだけでなく光のオート調節機能など、常に新しいバージョンを開発し、セキュリティ面での安心と信頼を得ていることが新亜光学工業の特徴とも言えるでしょう。


シェアする

B!